納骨堂の様々なタイプ

東京には多くの納骨堂が設立されています。そんな納骨堂とは、現代人のライフスタイルに合った新しいお墓の形と言っても過言ではないでしょう。
お墓を立てずに収容スペースに遺骨を安置するという一般的な安置の仕方ではないので、お墓とは全くの別物なのかと思う人もいるかもしれません。ですが、供養も行うしお寺との関係がないわけでもありません。
東京の納骨堂には多種多様な納骨堂が多く存在しています。納骨堂を知っていく事で東京にある納骨堂などすべてが納骨堂という一つのジャンルではないという事がわかってきます。
まず、納骨堂では管理する人がそれぞれ違う納骨堂があるのです。まずは寺院管理の納骨堂ですが、供養がしっかりと行われるところです。
お墓とは安置する形も異なるので供養されないのではないかと不安に思った人もいるかもしれませんが、寺院の納骨堂では供養される上に東京にも寺院の納骨堂があります。
また、寺院といっても堅苦しさはなく、宗旨・宗派にこだわらないので、宗派が気になる人には寺院の納骨堂が合っているかもしれません。
他にも民営が管理するの納骨堂も存在します。民営の特徴は納骨堂の管理がしっかりしており、納骨堂も広々としているところが多いのが特徴です。
また民営の納骨堂の担当者は親身に対応してくれて、初めて東京の納骨堂を利用するならば民営の納骨堂でもいいかもしれません。
さらに納骨堂はお墓を造ることがないので、安い費用で利用できます。堅苦しくもなく、かといってゆるいルールという訳でもないので遺骨の安置する際にはお墓と共に検討してみてはいかがでしょうか。